簡単に説明!海外不動産投資のメリット、デメリットは?

今回は、現在とても注目されている海外不動産投資についてご紹介していきたいと思います。近年日本国内で問題視されている、少子高齢化や市場経済などの影響で海外への不動産投資をする方が多くなってきています。よく分からないと思う人にもわかりやすく、海外不動産投資のメリット、デメリットを紹介していきます。

 海外での不動産投資のメリット、デメリットとは?

今回は、メリットとデメリットを見ていきましょう。投資にはメリットとデメリットがつきものなのでしっかり確認し正確な判断ができるようにしましょう。

 メリット

・海外の分散投資をすることで円安にリスクヘッジ

リスクヘッジとは、相場変動などによる損失の損害を回避することです。

円に偏った遺産配分することにより円安が進んでしまうとマイナスになってしまう影響があります。そこで、資産を一部分に集中させず海外に分散投資をすることでリスクヘッジになります。

・海外への振り分け

財政赤字など日本の抱える問題から海外の振り分けを視野に入れましょう。

もしもの時のために資産の一部を海外へ振り分けてしまうという事も資産を守る大事な選択肢となります。

・節税のメリット

「減価償却」の活用により節税の効果を得られることにより、株式や金融遺産への投資にはない大きなメリットがあります。

減価償却とは、固定資産に投下された資本の回収を図る会計上の手続きのことです。

デメリット

・融資条件が悪い

国内の不動産は問題なく融資可能だが、それに対し海外の不動産は、海外の金融機関を使うことになってしまいます。そのため、融資してくれる金融機関が大幅に減ってしまいます。

・情報収拾が難しい

やはり、海外の不動産のことについての情報はまだ少なく気軽に勉強して始められるものではないのが実情です。また信用性というところでは国内よりなかなか難しいのではないでしょうか?

・海外 リスク

法律や税など国によって規制やルールの違いも多くあります。そのため、なるべく治安が良い国や、安全と判断が可能な国、政治的安定などを重視して選ぶことがいいと思います。

まとめ

海外不動産投資には多くのメリットがあるのに対し、デメリットも存在します。しかし、成功している人や会社は多くあると思います。

また、海外への投資で資源を分散させるのは長期的な目で見て大切な選択肢の1つです。

現在でも、将来的にもこの海外不動産投資の知識が少しでもあったらきっと役に立つはずです。