海外投資初心者必見!海外投資のリスクと予防策の解説

国内だけでなく海外での投資も検討される方が多くいる中で、情報収拾されている方が多いと思います。海外投資ということでなかなか手が出せない人もいるでしょう。

その中で、今回は海外投資の種類、リスク、予防策などを開設していきたいと思います。

海外投資とは?

まずは、海外投資にはどのようなものがあるか、確認しましょう。

・投資信託:投資信託を扱う会社が行う投資

・不動産:不動産を所有し、収入を取る方法

・株式:企業の株式を保有し、収益を取る方法

・ETF:Exchange Traded Fund(上場投資信託) リアルタイムでの投資信託

・外貨MMF:Money Market Fund 外貨で行われる投資信託

海外投資のリスク

・情報収拾が困難

投資する前に集めなければいけない情報はたくさんあります。しかし、海外という事もありなかなか情報が集まらず、そこがリスクに繋がってしまうということにもなりかねません。

・手続きの面倒さ

海外投資をする際には、様々な手続きを行う必要があります。

日本とは、法律やルールが違ってくるため手続きが困難になってしまうというリスクもあります。

・カントリーリスク

カントリーリスクとは国の政治や経済の変化によって、利益を損なってしまうリスクのことです。そのため、その国の経済、安全など様々な理解をすることが必要になるでしょう。

・為替リスク

海外投資では、通貨が異なってきます。投資によっては、得た収益より多くの損失をしてしまう事もあるでしょう。為替リスクは、海外投資の大きなリスクと言えるでしょう。

リスクの予防策を紹介

・セミナー参加

友人や知人からの情報だけでなく、海外投資のプロのセミナーに参加することが一番の予防策となるでしょう。最も大事なことは、偏った知識や情報を持ってしまうことです。

中には、メールアドレスや電話番号などを登録し情報を取られるということもあり、詐欺に巻き込まれるようなこともあるでしょう。

そのため、専門知識のあるプロのセミナーを選ぶことが大切になってくると思います。情報収集を正しく行い、真に実のあるセミナーを選びましょう。

まとめ

このように、多くの海外投資の種類がある今しっかり1つ1つ、投資のメリットだけでなく、リスクも確認した上での対策が必要となってきます。

また、詐欺に引っかかることや失敗は絶対したくないでしょうから、情報が少ない現在ですがしっかり情報収拾を行うことで成功へとつながることでしょう。

ぜひ、この記事を参考にして、今後の海外投資への参考にしてくださったら幸いです。