あなたは知ってる?知って得する海外保険への投資について

海外と聞くと、第一に考えるのは安全なのか?と、思う方もいらっしゃるかと思います。ですが、しっかりと投資信託について知っておくことで、リスクを軽減するだけでなく、資産の増加を見込むことだって可能と言えるでしょう。海外保険の投資とは一体どういうものなのか、今回は、海外保険投資を知ってもらうためにも、海外保険投資について、海外保険投資のメリットとデメリットをご紹介します。

1.海外保険投資とは

海外の大手保険会社や信託会社等に口座を開設することで行えるようになります。月2万円からの購入が可能であり、その際にはクレジットカードによる口座引落で積立を行う必要があるので、クレジットカードを使えるようにしておきましょう。投資期間はそのプランによって様々となりますが、少なくとも5年から30年等による中長期を掛けた投資信託となります。償還期間を迎えることで、積み立てた金額の時価総額分が返還されます。そこがゴールと言って良いでしょう。それまでの間、コツコツと積み立てて行く投資と思っていただければわかりやすいのではないでしょうか。

2.海外保険への投資に対するメリット

それでは先ず、海外保険投資へのメリットについて見ていきましょう。こちらが、海外保険投資へのメリットとなります。

・海外だからこその圧倒的な利回りの高さ

何よりもこれに尽きるでしょう。日本と海外では経済成長率の違いや、GDPなどにも大きな差があります。株式や国債、経済成長率の高いエリアとそうでないエリア、その違いによりますが、やはり長期間の投資を行う場合、経済成長率が高いエリアに投資しておくことで、高い利回りを獲得することが出来ます。

・日本と海外は違う?税率の違い

投資収益に関して、日本と海外では税率が異なってきます。国や地域によって違いがありますが、投資によって得られた配当金が非課税の国もあれば、20%ほどの税率が掛かってくる国もあります。

3.海外保険への投資に対するデメリット

海外保険投資に関して、何もメリットばかりではありません。やはりデメリットも存在します。次はデメリットについてご紹介します。

・オフショア投資についての情報が少ない

海外保険への投資について調べている方ならお気づきかと思われますが、海外保険投資への情報は現在のところ少ないのです。だからこそ、今が狙い目ということでもありますが、その分しっかりとリスクヘッジをして、オフショア投資について詳しい代理店を選択する必要性があります。

・為替変動による円とそれ以外の外貨の差異

やはり海外に関する投資となると、日本円と外貨による価格変動による差異が発生します。ですが、これは反対に、メリットにも映るでしょう。昨今の経済状況を鑑みるに、日本円だけを持っている方がリスクでもあり、考え方によっては外貨を保有して日本円と分散することで、急な為替相場の変動に対処することも可能となります。

まとめ

海外保険投資というと、少々尻込みしてしまうかもしれません。ですが、メリットとデメリット。そのどちらも知っておくことで、有効に活用することが可能となります。また、昨今の年金事情などを考えると、こういった積立保険を利用することで、老後に向けた貯蓄を行うことも出来るため、気になった人はメリットとデメリットを天秤にかけて、一度考えてみてはいかがでしょうか。